自己破産をしても車を残す方法はある?体験談と解決策




自己破産をしてしまっても、車を残す方法はあるのでしょうか。

自己破産をしていても車を残す方法があれば知りたいですよね。

車がどうしても必要な生活をしている場合車が取られてしまうと困ってしまいます。

自己破産をしていても車を残す方法はあるのかどうか体験談と解決策をお送りします。

自己破産で9年使用した車は差し押さえられる?の体験談1

質問

自己破産するつもりです。財産の差し押さえとして9年使用した車も持っていかれますか?
通勤に使っているので車を残す方法が知りたいです。

回答

自動車の査定価格によって違いますね。また、ローンが残っているかどうかによっても異なります。

価値が20万円以下であれば、原則として残すことが可能です。

20万円以上の価値がある場合には持って行かれてしまいまいますよ。
残すためには第三者に買い取ってもらい、その人から借りて使用するという方法があります。

自己破産で車ローンが残っている車を残す方法の体験談2

質問

車のローンが残っていますが車を残したいです。

第三者に支払ってもらい所有者を変える方法以外に、手元に残す方法はありませnか?

回答

自己破産をすれば自分名義の財産は没収されてしまいます。
車もローンが残っている以上は、支払いが終わらないうちは名義変更が出来ません。

手元に残すなら誰かに一括返済をしてもらい、その上で名義変更する必要がありますよ。

自己破産で車残す方法の体験談3

質問

友達が自己破産を考え中です。車のローンが後4年も残ってる場合は、ローン会社に車を取られてしまいますか?車を残す方法はありませんか?

回答

取られてしまうでしょう。

まず残す方法はかなり無理(ローン規約の関係上)がありますが、契約者の変更(家族などに)をローン会社に求めるとかでしょう。

どちらにしろ車は破産申請時に債務の一件として書かなければならないのでどうしようもないでしょう。

お車は諦めるしかないと思います。

 

自己破産をしていて車を残すことができる場合もありますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です