自己破産をしたら車が購入出来るのはいつになる?体験談と解決策




自己破産をしたら車が購入できるようになるのはいつになるのか悩みますよね。

自己破産をしたら車が購入できるようになるのはいつごろとなってしまうのでしょう。

自己破産をした場合の車の購入について体験談と解決策をお送りします。

自己破産して7年半で車購入の体験談1

質問

自己破産をして7年半になります。

今回車の購入をしたいと考えているのですがローンは組めますか?

 

回答

破産の時に利用していた金融機関では一生あなたの破産情報が残るので借りられません。
それ以外の金融機関でもいい年齢の人間がスーパーホワイトだと過去に何かあったと判断されて連帯保証人を要求されてしまいますが借りれる可能性はありますよ。

6年前の自己破産で車購入の体験談2

質問

約6年前に自己破産をしたのですが、安い軽自動車を購入して、自営業をしたいと考えています。

 

無理ですか?

回答

それが「できない」と思う理由はなんなのかわかりませんね。
自己破産の後に、大金持ちになったとしても、過去の借金を返済する義務は無いのです。

そのため、「安い軽自動車」なんて言わずに、新車のフェラーリとかポルシェで自営業をしても問題ないのです。

 

ただしその車を購入するためにローンを組めるか否かはまた別の話です。

7年前の自己破産から車購入の体験談3

質問

過去7年前に自己破産しました。

そして今度、車を購入を考えています。

銀行の自動車ローンを組むことはできるのでしょうか。

回答

これは何とも言えませんね。
誰にも答えることができないでしょう。

現在、『個人信用情報機関』で「官報情報」を登録しているところは、「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」のみとなります。
ここの「官報情報」の登録期間は、10年間ですので『個人信用情報機関』を基準に考えるのならば、「最長10年」は借りることができません…と言えますね。

 

自己破産後に車を購入できるようになるのは人それぞれ異なりますがしばらくは無理だと考えておいた方が良さそうですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です